美容室がガラス張りにするのは

美容室がガラス張りにするのは

美容室がガラス張りにするのは

ブティックなんかのファッションを扱うような建物はガラス張りの所が多く、美容室も明るい雰囲気にするために、光線がたくさん入るようにガラス張りにしていて、そのおかげで、室内は随分と独自なものがあります。

 

これは、宣伝効果を狙っていて、ガラス張りにすることで、通りを歩いている人が、中の様子をみて入るかどうか決めるということもあるとのことです。こうした事を美容室も理解していて、内装に凝って美容室を親しみやすくしたり、美容師もファッションにこだわったりすることで、お店をアピールします。なので、ガラス張りの効果はかなり大きなものがあります。雑誌に取り上げられるようなスタイリストに予約をいれたり、担当をかえる、もしくは、新しい美容室にいったりする時には、緊張することもありますが、しかし、そういう時には、ガラス張りで中の様子を見てみて、そこからお店に入っていくと、いくらかリラックスしてお店に入れます。

 

お店の中に入る時には、カーラを巻いていたり、パーマの途中だと、街を歩いている人に見られたくないですが、しかし、こういう時は美容室のほうも街中からみえないように気を配っていて、道端から見えるように椅子はセットしないなど、いろいろと工夫をしているとのことです。

 

表参道 美容室


ホーム RSS購読 サイトマップ